SEXするまでの流れ

セフレを作るための方法について説明していきます。

そもそもセフレとは、相手とはセックスの関係しか持たないように思われがちです。

そのため、実際に会って、ホテルでセックスして、それで終わりという人も非常に多いです。

しかしそれはセフレとは言いません。

セフレとは、あくまでセックスを目的としつつも、普通の友達と同じように何回も会うことなのです。

セフレは主に出会い系で作れますが、出会い系だと割り切りや援助交際を目的とした人ばかりと思われがちですが、それは違います。

相手と連絡を取り合っていくうちに、Hに関する会話を少しずつ盛り込んでいくのです。

最初は世間話などから始めて、互いに打ち解けあうのです。

まずは気の合う友達からスタートし、少しHな要素も取り入れ、その後にHな写真をお互い見せ合い、電話番号を交換してさらにHな要素を増やしていく。

その後実際に会って、普通の友達同士のような会話をし、さらに打ち解ける。

そしてホテルへ直行し、あとはエッチをするだけ。

このような過程を経ることで、始めてセフレと呼べる相手を作ることができるのです。

もちろん上手くいかないこともありますが、そうなったらすぐに別の相手を見つけるまでです。

またセフレができても、サイトを放置せずに、次の候補の相手や、別れてしまったときの保険も探しておきましょう。

セフレを作るためには、相手の気持ちを理解し、相手のことを分かってあげることも大切です。

相手がアニメが好きなら、アニメのコスプレをした写メが欲しいな~、と言ったようなことを言ってあげると、それに答えてくれることもあります。

女子は自分の可愛い姿を見せたい気持ちが強く、それを褒めてあげるととても喜ぶのです。

多少ファッションセンスが悪くても、目をつぶってあげましょう。

よりリアクションが大きければ効果大です。

会話の中で相手の心の洋服を脱がしてあげましょう。

お金で買うのも手段の一つ


女の人とセックスをする代わりに金銭を与えるのはまずいと考えている人も多いでしょう。

でも実際には、お金のために自分のカラダを差し出す女の人もいますし、セックスするためであればお金を出す男の人もいるわけで、両者の利害は一致しているのですから、関係のない人が文句を言うのは筋違いでしょう。

お金を出して女の人とセックスをする利点には、自分が童貞ではなくなるということがあります。

その気になれば、今からでも童貞から脱却することもできるのです。

もちろん、恋人ができてその人とセックスできれば理想的ですが、インターネット上にある様々な出会い系のサイトを使って彼女をゲットしようとしても絶対成功するわけではないのです。

そういった方法で彼女をゲットしようと思っていても、結局童貞のまま何年間もすごしてしまう可能性もあるのです。そんなことをするよりも、先ずはお金で女の人を買って童貞を捨ててから彼女を作った方が得策であるような気がします。

第一、相手が本職の女の人である方が、こちらも安心して童貞を捨てられると思うのです。

彼女たちはセックスも上手だし、うまくリードもしてくれるはずです。

ついでに、女の人の扱い方というものも勉強できるかも知れませんし。

こういった女の人の質は、お金の額や店舗、めぐり合わせによって色々ですが、ちょっと頑張って高級な店に入れば、若くてきれいな女の人との初エッチを経験することだって夢ではないのです。

とりあえず、1回でもセックスしておけば、自分は童貞ではないという自信が湧き、セックスに対しても焦ったり心配したりすることもなくなるはずなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ